バストトップをピンクにする方法

ピンクにする方法を探す20代の女性

 

バストトップをピンクにする方法はないだろうか?

 

小さい頃からバストトップの色が黒かった為に、ピンクにしたいと考える20代の人は急増しています。

 

もしかしてあなたも有効なピンクにする方法をお探しではないでしょうか!?

 

対策なんてものではなく、今すぐにでも乳頭が黒いのをどうにかしたいですよね

 

男性経験が多い訳でもないのに、遊んでそうなんて思われるのも嫌ですよね!?

 

黒ずみができてしまう原因はメラニン色素が皮膚の細胞に色素沈着をしてしまった為に色を変化させてしまっていることです。そのため、色素沈着をした古い皮膚(角質)を剥がしてしまえばキレイな色をしたバストトップにすることも可能です。

 

生まれた頃から色が黒かったなんて日本人はそうそういません。日本人であれば生まれた頃から黒い訳ではないので色紙沈着した皮膚をどうにかしさえすればピンクにすることは可能となるのです。

 

バストトップををピンクにする方法としては3つです。

  • ハイドロキノンとトレチノイン美白法
  • ヨーグルトに含まれるホエイパック
  • バストトップピンククリーム

今、これらの方法を行ってバストトップをピンクにしようとする20代の女性は非常に多いです。

 

美容皮膚科でのレーザー治療と違って20万円と高額な費用がかかる訳でもなく、自宅でお手軽に行えるので美白ケアを行っている20代の女性は多いんですよ。

 

バストトップをピンクにしたい人に人気の方法をすぐに確認したい方は下記をご覧ください。
バストトップの黒ずみをピンクにしたい人に人気の方法はどれ?

 

ハイドロキノンでバストトップをピンクにする

ハイドロキノンを付けた手

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれ皮膚に付着したメラニンを剥がす働きがあります。

 

トレチノインと呼ばれる薬には角質を剥がす働きがある為、2つの薬用クリームを使うことで色素沈着の原因となるメラニンを除去する方法です。

 

ただ、注意としては副作用があることです。

 

ハイドロキノンは医者の判断無しでは日本国内では販売をしてはいけはいけない医薬品に分類されています。肌への刺激が強い為、乳輪が大きくなってしまったり、赤く腫れてしまったなどの副作用があるのでドラッグストアなどでは販売ができないのですね。

 

皮膚科や産婦人科で処方をしてもらうか、輸入代行業者を利用して変わりに海外へ買い付けへ行って貰う必用があります。病院だとバストが黒いからピンクにしたいって理由だと処方をしてくれない病院も多いです。

 

ハイドロキノンでバストトップをピンクにする方法を詳しく見る

 

ヨーグルトのホエーでバストトップをピンクにする

ヨーグルト

 

ホエーとはヨーグルトに含まれているタンパク質やミネラル、ビタミンを豊富に含んで栄養素です。

 

ヨーグルトを購入すると透明な液体が分離して浮いていますが、この液体がホエーになります。一時期TVなどで放映されたことで利用する人が非常に増えたのですが、効果があらわれた口コミはほとんど目にすることはありません。

 

美容に良いビタミンやミネラルは含まれていますが、美白成分を含んでいる訳ではないのが原因だと考えられます。

 

手軽に行うことができるのでバストトップをピンクにしたい人が始めに行う定番の方法とはなっています。しかし、効果を感じている人はほとんどいないので駄目もとで試す程度にしておいた方が良いです。

 

ホエーでバストトップをピンクにするを詳しく見る

 

バストトップピンククリームを使った方法

ピンクカラーエッセンス

 

一時的ではありますが即効性があるのがバストトップピンククリームです。

 

ピンク色の着色剤が含まれているクリームを塗ることで色を変化させる方法となります。ただ、想像が付くように剥がれて落ちてしまうだけでなく、ブラに色移りすることも多いです。

 

汗で落ちてしまったり、ブラに擦れて取れてしまうので一時的な効き目しかありません。そのため、根本的な解決にも全くなっていないので最近では人気がない方法となります。

 

即効性はありますが、持続性はほとんどないのでおすすめすることはできないです。

 

バストトップピンククリームのメリットとデメリットへ

 

バストトップ美白クリームを使った方法

美白化粧品

 

バストトップ専用の美白クリームを使う方法となります。

 

ピンククリームと違い配合されているのは美白成分と美容成分の2つです。美容成分によって肌のターンオーバーを促進させることで色素沈着した古い皮膚を剥がしつつ、美白を行う目的に作られています。

 

厚生省より医薬部外品として認定されているものも多く、安心できるって点で利用者も多いです。

 

最近はネット通販の利用者も非常に多く、誰にもばれずに購入ができるようになり利用者も増えました。今、もっとも人気のあるバストトップの黒ずみケア方法となっています。

 

バストトップ美白クリームで黒ずみをピンクにする方法へ

 

バストトップの黒ずみをピンクにしたい人に人気の方法はどれ?

ピンクにする方法を解説する女性

 

バストトップをピンクにしたいって人が行う方法は様々です。ただ、副作用の危険があったり評判の悪いもの多いです。

 

ハイドロキノンであれば副作用のリスクが非常に高いですし、ヨーグルトだと安くても効果があらわれなければ意味がありません。そのため、バストトップをピンクにしたいって人に人気となっているのが美白クリームを使うことです。

 

実際に口コミを見ると効き目を感じている人も多く、わたしも人気のクリームは使った経験があります。ピンククリームのような即効性はないですが、きちんと黒ずみを改善をすることができます。

 

バストトップの色が黒いのはつらいですし、すぐにでもどうにかしたいって気持ちは分かります。ただ、副作用のある薬や効き目のないものを使うのではなく、きちんと効果を感じている人の多い方法で着実に行うのがおすすめです。

 

バストトップピンクランキング

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム

 

2016年に入りモンドセレクションで受賞をしたのもあり、人気が上昇しているのがホワイトラグジュアリープレミアムです。

 

バストトップをピンクにしたいモニター参加した94.8%もの人が美白を実感しており、口コミも多く見かけることができます。3つの浸透力の異なったビタミンを配合しているのが特徴です。

 

バストの手前から奥深くまでそれぞれの成分が浸透するように作られている為、バストがぷるんとするようになったなんて口コミも見かけます。

 

ピンクにしたいって人だけでなく、バストの乾燥が気になるって人にも人気となっています。

 

ホワイトラグジュアリー詳細へ

 

ピューレパール

ピューレパール

 

黒ずみを美白するクリームとして圧倒的に人気となっているのがピューレパールです。

 

バストトップをピンクにしたいって人だけでなく、脇毛の処理をして傷つくことでできた黒ずみに使う人も多いです。医薬部外品として厚生省から認可がされており、様々な雑誌にも取り上げられています。

 

4つの美白効果がある成分を配合しているだけでなく、美容成分として高級化粧品に配合されているものが使われています。

 

ヒアルロン酸よりも保湿力に優れたトリプルヒアルロン酸だけではなく、プラセンタやコラーゲンが含まれています。

 

価格も安く、口コミでも効き目を感じている人が多いのを使いたいって人に人気です。

 

ピューレパール詳細へ

 

イビサクリーム

イビサクリーム

 

ブラジリアンワックス脱毛を専門に行うサロンによって作られたのがイビサクリームです。

 

他のクリームとは違い、植物成分を使った成分が配合されています。低刺激な成分にこだわって作られているので特にデリケートゾーンの黒ずみを美白したいって人の利用者が特に多いです。

 

ただ、バストトップの黒ずみをピンクにしたいって人で利用している人もいます。

 

敏感肌の人やデリケートゾーン黒ずみも一緒にケアしたいって人に人気となっています。

 

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

 

バストトップを美白するクリームの選び方

 

バストトップを美白する為の黒ずみ用クリームといっても人気のはいくつかあります。
それぞれ配合されている成分や特徴も異なるので、どの部分の黒ずみを美白したいのかについてどれを使うか決めるのがおすすめです。

 

  • バストトップの黒ずみにならホワイトラグジュアリープレミアム
  • ワキの黒ずみも美白したいならピューレパール
  • デリケートゾーンの黒ずみも美白したいならイビサクリーム

 

どのクリームに関しても厚生省より認可がされている医薬部外品なっています。
バストトップをピンクにしたいって人に人気となっているホワイトラグジュアリープレミアムなら浸透力の違う成分を配合することによって、バストの奥深くから手間までの改善ができるようになってるなど、特徴が異なります。

 

そのため、どのクリームを使おうか迷ったなら上記のどれに当てはまるのかで選ぶのがおすすめです。
バストトップの黒ずみのみを美白するならホワイトラグジュアリープレミアムはおすすめとなります。

 

ホワイトラグジュアリープレミアムの詳細へ