バストトップの黒ずみをピンクにするクリームについて

 

バストトップの黒ずみをピンクにするクリームには即効性があります。

 

ただ、その分、デメリットも非常に多いのでおすすめすることはあまりできません。
あくまで一時的な問題の解決にしかならず、また、色が黒すぎる人には全く効き目がないこともあります。

 

即効でピンクにすることができるメリットは嬉しいのですが、デメリットにも注意をしなければならないのですね。

 

ここではバストトップピンククリームにはどんなメリットがあるのか?
また、デメリットにはどんなものがあるのか解説しています。

 

バストトップの黒ずみをピンクにしたいって人はご覧ください。

 

バストトップピンククリームのメリット

 

バストトップをピンクにするクリームのメリットは下記の2つです。

 

  1. 即効性があるのですぐにピンクになる
  2. 百貨店などで販売している店もある

 

黒色や茶色の乳首を即効でピンクにすることができるのが一番のメリットといえるでしょう。

 

また、他のピンクにする方法は病院や通販でなければ購入することもできなかったりしますが、一部の百貨店でも販売がされていることがあります。ドンキホーテなでも販売がされていることもあります。

 

そのため、通販を利用したことがないって人でも利用がしやすいクリームでもあります。

 

バストトップピンククリームのデメリット

 

デメリットとしては4種類です。

 

  • 汗で落ちる
  • ブラジャーに色移りする
  • 一時的な効果でしかない
  • 黒乳首の人には効き目がほとんどない

 

美白クリームのようにバストの改善をするのではなく、口紅のようにピンクに着色されたものを上から塗っているだけでしかありません。そのため、汗で落ちてしまうこともあればブラジャーなどの衣類にすれて取れてしまうのですね。

 

あくまで一時的な効果でしかなく持続性はありません。

 

バストトップをピンクにしたいって人のほとんどは色が黒だったり茶色だったりします。しかし、もともと色が濃いバストにさくら色のように薄いピンクのパウダーの着色剤をつけてもほとんど変化を感じることはできません。

 

色素が薄ければ色の変化もわかりやすいですが、濃いと下地の色に負けてしまうので変化があまりないのですね。

 

ピンククリームと美白クリームを間違える人も多いので注意!

 

ピンククリームには美白成分は配合がされていません。しかし、間違えて美白クリームを購入してしまったり、その逆もあるので選ぶ際は注意が必要です。

 

美白クリームに関してはほとんどが医薬部外品になっており、ラベルなどにも「美白」って必ずといって良いほど書かれています。しかし、ピンククリームにも似たような表現で箱に書かれていることもあるので間違ってしまう人が多い原因ではないかと思います。

 

基本的にこの2つのクリームに関しては配合されている成分や効果も異なってきますので気おつけましょう。

 

最近ではピンククリームよりは美白クリームの方が人気があります。化粧品ではなく医薬部外品なので安心して利用できますし、効果があったと書かれている口コミを多く見かけることができますからね。

 

そのため、美白クリームを購入するつもりが間違ってしまっている人も多いです。

 

おすすめは美白クリーム

 

バストトップをピンクにしたいって人におすすめなのは美白クリームとなります。

 

黒ずみの原因であるメラニンに対しての対策を行うものなので、一時的な効果って訳ではないです。バストトップをピンクにしたい人のほとんどは一瞬の効き目を求めているのではなく、根本的な改善を求めている人だと思いますからね。

 

美白クリームであれば配合されている美白成分と美容成分によって、ターンオーバを促進させつつ、メラニンの発生源であるメラノサイトまで成分を浸透させていきます。

 

また、厚生省より認められた成分が配合されていることもあり、医薬部外品としての認可が下りているものも多いです。バストトップをピンクにしたいって人におすすめなのは美白クリームとなります。

 

バストトップクリームランキング