バストトップがかゆいと黒ずみができる

 

バストトップがかゆいなんてことはありませんか?

 

かゆみはケアをしなければ黒ずみの原因へと繋がります。黒ずみができる原因はバストへの刺激によってメラニンが分泌されることです。

 

そのため、バストを爪などでかくことでメラニンが分泌され色が黒くなってしまうのですね。

 

また、気おつけなければならないのは黒ずみだけではありません。バストは女性のからだの中でも特別な場所で乳腺が中に通っています。

 

そのため、傷を付けることで乳腺症のような病気へと繋がってしまうのです。

 

ここではバストトップのかゆみの原因を解説しています。また、かゆみを抑えるためのケア方法や薬についても解説しています。

 

バストトップがかゆい原因は乾燥した肌への刺激

 

バストトップケアをしていない為にバストが乾燥をしてしまっている人も多いです。

 

乾燥した肌へ与えられた刺激は黒ずみができる原因だけではありません。かゆみとして伝達をされることになります。

 

熱いお湯に入ったりからだをぶつけたりすると急激にかゆいと感じることがありますが、それは刺激によるものなのですね。

 

あなたがバストトップがかゆいと感じているのであれば乾燥をしているのではないでしょうか!?
もしも、潤った状態にもかかわらずかゆみがあるのなら病気の可能性もあるので病院で医師の診断をして貰うのが良いです。

 

かゆみを止めるバストトップケアの方法

 

バストトップのかゆみを止めるのであれば有効なのは保湿をすることです。

 

乾燥をすることで肌のバリア機能が損なわれてしまい、刺激から皮膚を守ることができません。そのため、乾燥をした状態は刺激が加えられやすい状態となるのですね。

 

保湿をすることによってバストが潤った状態となれば刺激を軽減することができます。
そのため、かゆみを抑えることができるのですね。

 

かゆみを止めるバストトップケアに一番必用なことは保湿をすることなのです。

 

バストトップを保湿する方法

 

保湿する際に注意をしなければならないのがクリームや化粧品に配合がされている成分です。刺激成分によってバストへ刺激を与えてしまっては症状を悪化させかねません。

 

バストトップ用のクリームが販売されているので、できるだけ専用の低刺激クリームを使うと良いです。

 

販売されている種類としては美白クリームとなります。保湿専用の化粧水などは販売がされていないので、美白クリームを使う人が多いです。

 

美白成分だけではなく保湿成分が配合されているものがほとんどとなるので乾燥を防ぎ、かゆみ対策として有効なケアができるのですね。また、美白クリームには浸透力の優れた美容成分が配合されているものも多いので、バストの角質層から奥の方までしっかりと美容成分を浸透させることができあます。

 

美白クリームならきちんとしたかゆみを止めるバストトップケアができます。

 

バストトップのかゆみを止める市販薬

 

かゆみを止める薬に関してもクリームと同じで専用のを使うと良いです。

 

バストトップに使えるようなかゆみを止める薬としてはフェミニーナ軟膏が有名です。もともとはデリケートゾーン用の薬なのでバストにも使うことができるようになっています。

 

ただ、注意しなければならないのがフェミニーナ軟膏のような薬は炎症を抑えることでかゆみを止めます。そのため、保湿成分が配合されている訳ではありません。

 

そのため、炎症を抑えたとしても乾燥をしていれば更なる刺激でまた炎症をしてしまいます。薬を使いながら結局はバストトップケアを行う必要があるのですね。

 

 

バストトップクリームランキング

 

関連ページ

バストトップのかぶれ
バストトップがかぶれる原因は炎症をすることです。かぶれることによって刺激となり黒ずみができる原因にも繋がります。バストトップのかぶれを治す方法について紹介しています。
妊娠による黒ずみ
妊娠をすると乳首(バストトップ)が黒ずんでしまう人は多いです。ここでは妊婦の乳首の黒ずみの原因について紹介しています。産後にバストトップの色を元に戻したい人はご覧ください。