バストトップがかぶれる原因

 

バストトップがかぶれるとかゆみや痛みなどが生じることになります。

 

かぶれる原因は肌全てが同じでバストだからといって特別変わったことはありません。根本的な原因としては皮膚に汚れや雑菌などの肌に良くない物質が付着することで炎症をしていることです。

 

接触性皮膚炎などと呼ばれたりもします。

 

症状としてはかゆみを伴ったり、皮膚が赤くなる、ヒリヒリと痛むなどのことがあげられます。肌に与えられた刺激はかゆみへと伝達するので早急な改善が必要となります。爪や手でかくことで肌に刺激を与えることで更にかゆみを引き出し、それが永遠と続いてしまうことになるのです。

 

どんどん症状を悪化させてしまうので安易に放置をしてしまうとバストトップの黒ずみができたり、どんどん酷くなるので注意が必要です。

 

ここではかぶれを治す為の方法や有効な薬について解説していきます。

 

バストトップのかぶれを治す方法

 

かぶれを治すために大事なのは汚れや雑菌をバストトップへ付かないようにすることです。
そのため、以下の対策が有効となります。

 

  • ブラジャーは必ず洗濯した清潔なのを使う
  • 汗をかいたらや優しくふき取る
  • 肌のバリア機能を高め刺激を受けにくくする

 

バストに付けるブラジャーは必ず毎日選択を行い、清潔なものを使用してください。汚れや雑菌が付着していると症状を悪化させてしまいます。また、汗をふき取る際には擦るのではなく刺激を与えないように優しく叩くようにしましょう。

 

また、治す為に大事となるのが肌のバリア機能を高めるために保湿を行うことです。

 

本来肌はバリア機能と呼ばれる働きによって皮膚に付着した雑菌などの刺激から守っています。しかし、乾燥をすると正常に働かなくなり刺激が伝わりやすくなり、かぶれやすくなります。

 

バストトップクリームを使ってバリア機能を高める

 

バリア機能を高める為に有効なのがバストトップクリームを使って保湿をすることです。

 

保湿専用のものは販売がされていないので、バストトップの美白クリームを使ったりするのが有効となります。美白クリームには美白成分だけではんく保湿成分や美容成分が配合されているのでバリア機能を高めることができます。

 

バストの悩みの商品の為、人に知られたくないなどのこともあり通販での販売がほとんどとなっています。薬局などでは販売がされていないので注意が必要となります。

 

かぶれが原因でバストトップの色が黒ずんでしまう人であれば同時に美白ケアもできます。

 

オロナインの使用は駄目

 

きちんと調べずに間違った方法で多いのがオロナイン軟膏を使うことです。

 

オロナインは炎症を抑える効果のある薬で薬局やドラッグストアで安価で購入することができます。そのため、使用をしてしまう人も多いですが、かぶれには使用をすることはできません。

 

症状を悪化させてしまったり、副作用を引き起こす原因となるのでくれぐれも注意をしましょう。
公式サイトにもきちんと表記がされています。

 

オロナインに関するよくあるご質問

 

バストを洗うとヒリヒリと痛い人は専用の低刺激の石鹸を使う

 

常に清潔な状態にするのが治す為には必要なので毎日丁寧にバストを洗わなければなりません。

 

しかし、通常の石鹸やボティソープには肌へ刺激を与える成分も配合がされています。界面活性剤などが有名な成分ですが、キレイに水で洗い流さないと肌荒れしてしまうのはこの刺激成分が配合がされている為なのですね。

 

そのため、症状が酷い人だと石鹸をバストトップに付けることでヒリヒリと痛いなんて人も多いです。

 

痛みを感じるのであれば低刺激な成分によって作られたデリケートゾーン専用のソープを使うようにしましょう。また、早くかぶれを治したいって人も同様に専用のソープを使うのが刺激を与えずに済むので有効となります。

 

 

バストトップクリームランキング

 

 

 

関連ページ

バストトップのかゆみ
バストトップのかゆみは黒ずみの原因へと繋がります。かく刺激によってメラニンが分泌され色素沈着をするのです。ここでは原因をはじめ、かゆみケアの方法や有効な薬について解説しています。
妊娠による黒ずみ
妊娠をすると乳首(バストトップ)が黒ずんでしまう人は多いです。ここでは妊婦の乳首の黒ずみの原因について紹介しています。産後にバストトップの色を元に戻したい人はご覧ください。